VVVF名鑑

遠州鉄道

2000形

最終更新日:2020.4.19

 2000形は1999年に登場しました。1983年登場の1000形の車体構造をほぼそのまま継承しつつ、床下には遠鉄初のVVVFインバータが採用されました。その後も細々と増備が続き、2018年にも2007編成が製造され最後まで残っていた30形を置き換えました。なお、2008年登場の2004編成からはVVVFインバータの形式が変更されています。
 2020年4月時点では2連7本が在籍し、1000形との共通運用が組まれています。

前期タイプ

音声ファイル(加速)

解析画面

加速

音声ファイル(減速)

解析画面

減速
VVVF 形式不明(1C2M2群)
三菱2レベルIGBT(750V・4極IM用)
登場時期 1999年
パターン 非同期-3P-1P
収録のしやすさ タイプ: 標準
範囲: ★★★
音質: ★★★

 2001編成〜2003編成のVVVF音です。1999年登場の三菱2レベルIGBTということで、加速時は同時期の都営6300形や横浜市交3000N形同様、非同期モードのキャリア周波数(以下Fc)が途中で上昇する"竜巻インバータ"の音となっています。ところが、減速時はFcが下降せず、1100Hz一定のままで終わります。もっとも、インバータ周波数(以下Finv)約8Hzで回生制動が切れるため、元々の設定としてFinv=0Hzまでこれが1100Hz一定かは不明です。というのも、減速時Finv=約6HzからFcが下降する横浜市交の例が他にあるので…。

後期タイプ

音声ファイル

解析画面

加速
減速
VVVF MAP-124-75V187(1C2M2群)
三菱2レベルIGBT(750V・4極IM用)
登場時期 2008年
パターン 非同期-3P-1P
収録のしやすさ タイプ: 標準
範囲: ★★★
音質: ★★★

 2008年登場の2004編成以降はこちらのタイプとなりました。装置形状は大幅に変更されたものの、加速時はFcが2オクターブ上昇し(ただし275Hz→1100Hzから250Hz→1000Hzに変更)減速時は一定のまま終わるPWMのパターンは踏襲されました。
 加速時はFcが1000Hzとなることで都営6300形・小田急3000形・神鉄6000系とますます似た雰囲気になった一方、音の上昇の仕方はやや緩やかになり、少し迫力が物足りなくなった印象はありますね。一方の減速時はFinv=1Hz付近まで回生ブレーキが効くようになり、こちらはE721系や名古屋市交N1000形に近くなりました。細かい点では、高速域での立ち上げ/立ち下げ時の変調率の変化の仕方も変わったようです。
 なお、掲載ファイルでは減速時の3Pの変調率が連続的でない部分がありますがこれは例外的な挙動と思われ、通常はちゃんと単調減少するようです。