VVVF名鑑

近畿日本鉄道

傾向と対策

 近鉄のVVVF車のうち、通勤車でコイルでの録音が容易であるのは普通鋼製の1420系・5200系列・けいはんな線の車両群に限られ、その他はアルミ製であるため録音には適していません。一方で特急車に関しては現在に至るまで普通鋼で製造されているため、コイルで音を拾うこと自体はそれほど難しくはありません。ただし、特急車であるが故の接客設備に左右されるため、通行の妨げにならない範囲内で収録できるようには配慮したいですね。

7000系

最終更新日:2020.10.14

 東大阪線(現・けいはんな線)開業用、および地下鉄中央線直通用に1984年に登場しました。直通先の20系に倣いGTO素子VVVFインバータが採用され、奇数編成には三菱製、偶数編成には日立製の装置が搭載されました。その後、2006年のけいはんな線開業に向けた改造としてどちらもソフト改修により音が変化しています。2013年にはHL08編成のうちの7208号が日立製IGBTに換装された他、2019年には本格的なリニューアルが始まり2020年10月現在はHL06編成、HL07編成に対して実施されました。日立編成のHL06編成はHL08編成同様1両のみの換装となった一方、三菱編成のHL07編成は全VVVFが換装されている点が興味深いですね。

機器更新車(三菱IGBT)

音声ファイル(加速)

解析画面

加速

音声ファイル(減速)

解析画面

減速
VVVF 形式不明
三菱2レベルIGBT(750V・4極IM用)
登場時期 2020年
パターン 非同期-3P-1P
収録のしやすさ タイプ: 点検蓋
範囲: ★★★
音質: ★★★

 機器更新の行われた、HL07編成のVVVF音です。先にIGBTを採用した7020系の音に似ていますが、こちらの方が加速時・減速時とも非同期と3パルスの切替時の変調率がやや低くなっています。確かに、実車の走行音を聴くと7020系に比べて同期入りの音が低い傾向があるように感じられます。

16400系

最終更新日:2020.10.14

 22000系の南大阪線・吉野線バージョンとして1996年に2連2本が登場しました。22000系が三菱GTO・オールM構成とされたのに対しこちらは日立3レベルIGBT・1M1T構成となりました。2015年には車体更新が行われましたが、VVVFの変更はなく現在も独特の音を奏でています。

音声ファイル(加速)

解析画面

加速

音声ファイル(減速)

解析画面

減速
VVVF VFI-HD2420A(1C2M2群)
日立3レベルIGBT(1500V・4極IM用)
登場時期 1996年
パターン H3I-2 非同期(ダイポーラ)-非同期(ユニポーラ)-1P
収録のしやすさ タイプ: 標準
範囲: ★★★
音質: ★★★

 16400系のVVVF音です。900Hzから始まり、キャリアの"周期"を線形的に上昇させ1800Hzに到達するというパターンは東武250系(30000系のソフト変更前も?)と共通となっています。ここからもう少しだけ周波数を低くすると、京王1000系のパターンになりますね。

21020系

最終更新日:2020.10.14

 看板特急「アーバンライナー」として走ってきた21000系へのリニューアルが行われることとなり、入場時の予備車確保用として2002年に2本が登場しました。内装にはアンケート調査の結果を取り入れた他、機器類も大幅に見直されMT比1:1のVVVF車とされました。他では聴くことのできないVVVF音が採用されており、後に22600系や50000系にも展開されました。これらは後年阪神直通対応の関係かソフト改修で音が変化しましたが、21020系は現在でも登場時の音を保っています。2020年現在限定運用が組まれているため、狙おうと思えば狙える車種です。

音声ファイル

解析画面

加速
減速
VVVF MAP-234-15VD102(1C2M2群)
三菱2レベルIGBT(1500V・4極IM用)
登場時期 2002年
パターン 加速時:非同期-3P-1P
減速時:1P-3P-5P-9P-非同期
収録のしやすさ タイプ: 標準
範囲: ★★★
音質: ★★★

 21020系のVVVF音です。おそらく日本で聴ける最も奇怪なVVVF音の一つと言っても過言ではないパターンとなっています。加速時はまず、強めのランダム変調のかかった状態でキャリア周波数の平均が約250Hz保持→緩やかに約440Hzまで上昇、かと思いきやランダム変調が外れるとともに360Hzまで一旦下降します。そして後半部は約685Hzまで上昇して3パルスに切り替わります。これだけでも十分カオスであるのに、減速時はさらに同期5パルス、9パルスが追加されその分非同期が短くなり、まるでGTOのような雰囲気が加わります(なお22600系・50000系のソフト更新車は5パルス、9パルスの分まで非同期となっています)。どのような背景でこのようなキャリア周波数が採用されたのか、理屈が気になってしょうがないパターンですね…。

7020系

最終更新日:2020.10.14

 2004年、けいはんな線(延伸)開業用として6連4本が登場しました。車体構造は7000系に準じていますが、内装等はシリーズ21の要素も取り入れられています。VVVFは三菱製2レベルIGBTが採用されましたが、シリーズ21や21020系等の特急車と異なりオーソドックスな音となっています。なお、床下には日立製2レベルIGBT-VVVFのようなグリルも見受けられますが、こちらはSIVのようですね(この形状のものは相当珍しいはずです)。

音声ファイル

解析画面

加速
減速
VVVF MAP-154-75V131(1C2M2群)
三菱2レベルIGBT(750V・4極IM用)
登場時期 2004年
パターン 非同期-3P-1P
収録のしやすさ タイプ: 点検蓋
範囲: ★★★
音質: ★★★

 7020系のVVVF音です。派手なシリーズ21や特急車と違い、標準的な拡散幅のランダム変調がかかった一定のキャリア周波数が非同期モードにおいて採用されていて、同じ800Hzの京急1500形や03系と似ていると感じます。ただ、このタイプにしては登場年が2004年と、他と比べるとやや早いように感じられますね(2006〜7年くらいからE233系を筆頭に普及したイメージがあります)。後年7000系機器更新車も同じような音を発するようになりましたが、7020系の方が非同期に対する3Pの長さの割合が短くなっています。

16600系

最終更新日:2020.10.14

 22600系の狭軌版として2010年に登場しました。先代の16400系同様2連2本が製造され、VVVFも引き続き日立製となりました。足回りは6820系との共通点も多いですが、オリジナルの部分も目立っています。

音声ファイル

解析画面

加速
減速
VVVF VFI-HR2420F(1C2M2群)
日立2レベルIGBT(1500V・4極IM用)
登場時期 2010年
パターン H2I-1 非同期-1P
収録のしやすさ タイプ: 標準
範囲: ★★★
音質: ★★★

 16600系のVVVF音です。このVVVFですが、個人的には結構"ちぐはぐ"な印象があります。まず、冷却器のグリルは2011年以降に普及したタイプのものが一足早く取り入れられています。にも関わらず、音は急上昇タイプ、しかも広域3パルスなしの初期の中でも初期の2レベルIGBTのパターンが採用されています。そして、驚くべきことにこの初期のパターンに対しランダム変調が加えられています。おそらく6820系をはじめとするシリーズ21のパターンをベースに、さらなる静粛化を図りつつ誘導障害をクリアしやすいようにこのような設定になったと思われます。同様の関係は、東急5000系列の2010年度以前の日立製VVVF2011年度以降の日立製VVVFの間柄にも言えそうですね。